2014年05月03日

第23回安芸地区大会入賞者紹介3

松田結蘭.jpeg

拳手法の部準優勝 松田 結蘭(まつだ ゆら 宮島口支部 写真中央)
大会成績でも入門者の数でも飛ぶ鳥を落とす勢いの宮島口支部だが、最近は大野東小学校の子供たちだけではなく、大野西小学校の子供たちも増えている。来年度からは小中一貫校の大野学園となることでも注目されている。
その大野西小学校のエースといえば2年生の小林莉緒だが、今大会では莉緒以外の子供たちも非常に活躍した。
地元勢として決勝戦のトップを切った松田結蘭も大野西小学校に通っている。廿日市支部、宮島口支部から18名もの青帯がエントリーした拳手法の部で最高成績を挙げたのは賞賛に値する。
姉の紗蘭(さら 写真右)3年生と同時に昨年の秋に入門。4月になって妹の蘭愛(らな 写真左)年中も入門して3姉妹で元気に道場に通っている。笑顔を絶やさない存在は、ピリピリムードの練習の中、よきアクセントになっている。他支部へも出稽古に行くなど、家族揃って熱心であり頼もしい。
決勝戦に敗れて、涙を流す姿は直視できないほど痛々しかったが、この試練が必ず彼女を大きく成長させることだろう。3姉妹そろって安芸地区本部のヒロインに成長してほしい。
大野西小学校2年生 10級 好きな言葉:ありがとう
コメント:始めて出た大会で勝つ事が出来て、嬉しかったです。これからも頑張ります。
posted by ファイヤーマン at 23:30| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

第23回安芸地区大会レポート4

鎮東の部
茶帯の小学生が対象。わずか7名のエントリーだった上に、骨折が癒えたばかりの大杉幸穂と前日の稽古で負傷した玉川愛衣が欠場したので、ますます寂しいトーナメントとなってしまった。
少ないとはいえ、茶帯のクラスなのでレベルは高い。同僚2人が欠場してしまった穴を埋めるべく、決勝に進出したのは昨秋の錬成大会中学年を制した宮島口支部の田中悠介。昨年まで2年連続で全国大会にも出場している。午前中は高学年の部で入賞を逃しており、この種目はなんとしてでも優勝したいだろう。
対するはA-CITY支部の藤原光希。こちらも昨年は全国大会に出場しており、練習量も豊富である。
試合は両者持ち味を出した好勝負となったが、副審は藤原光希の勝利を支持。残念ながら悠介は準優勝に終わった。
膝を痛めていたのは残念だったが、この悔しさを次回につなげてほしい。
posted by ファイヤーマン at 23:11| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

いよいよ明日!

image-4ad7d.jpg
いよいよ安芸地区大会が明日迫りました。
全国大会の出場権をかけて、熱い戦いが繰り広げられるでしょう。今日は大会前最後の練習で、みんな気合が入っていました。
写真は明日試合デビューする、最年少宮島口年中三銃士です。
 左からハルト、シンノスケ、ラナ。同じ保育園の同じクラスに通う仲良し3人組です。
道衣姿が初々しい3人で、可愛らしいと先輩、大人からも大人気!明日は存在そのもので大会を盛り上げてくれそうです!明日は宮島口のラブリー三銃士にも注目してください!
posted by ファイヤーマン at 16:58| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。